クラミジアの治療薬などについて詳しく解説

title

クラミジアとは

クラミジア(クラミジア・トラコマチス)とは性交渉で移る性感染症(STD)のことです。

性器に移った場合は男性は尿道に膿が出て痛みを感じ、女性の場合はおりものが増えたりします。

女性は約80%、男性は約50%感染しても無症状のことが多く気づかずパートナーに移してしまう病気です。

クラミジアの感染に気づかず放置してしまうと不妊症の原因にもなります。

クラミジアの感染者は各年齢層日本で最も多いことが発表されています。

しかし、クラミジアはとても弱い菌で人の身体の中でしか生きられないので、性感染症以外で感染することはほとんどありません。

体液で感染するため一般的なセックスの他に、オーラルセックスやアナルセックスで咽頭や直腸に感染することもあります。

クラミジアの分泌液が手や指についているのに気づかず目をこするなどして結膜炎になることもあります。

クラミジアは弱い菌ですが非常に感染しやすい菌なので感染には十分気をつけるようにしましょう。

クラミジアの治療薬

クラミジアの治療に用いられる治療薬は

・マクロライド系
・キノロン系
・テトラサイクリン系

上記3つの抗菌力のあるものを使用します。

1度の服用で症状は数日間で治りますが菌は完全に死滅していない事があるので薬の服用はやめないでください。

病院で処方して貰った場合は指示通りの服用をし、通販サイトで購入した場合は自身で服用方法を調べ誤った服用方法をしないように注意しましょう。

クラミジアは主に性交渉で感染する病気なので感染した場合は男女共に治療しなければ必ず再感染します。

ジスロマック(アジスロマイシン)が第一選択薬

ジスロマックの有効成分となるアジスロマイシンは、淋病やクラミジアなどの性感染症の治療に最も効果があります。

そのため、第1の選択薬としてジスロマックは医療機関でも処方されています。

ジスロマックは、1日に1回決まった時間に服用すればよいので、飲み忘れてしまう心配もなく治療をすることが出来ます。

また、一度服用することで、約7~14日間も効果が持続しますので、少ない回数で感染してしまった菌をしっかりと消失させることができ、感染症の完治までサポートする治療薬となります。

ジスロマックは、薬局や薬店、ドラッグストアなどでは販売されておらず、専門の医療機関へ受診し医師の診察を受けることによって処方される治療薬となります。

性感染症以外の症状にも処方されることがあり、安心して服用することができる薬剤となっております。

クラミジアの感染経路

クラミジアの感染経路は主に性交渉です。

10代の若年層に感染者が多く、コンドームなどの避妊器具を使用しないことが大きな原因となっています。

オーラルセックスで口内に菌が移れば咽頭炎や扁桃腺炎を起こし、菌がついた手で目を触るなどして結膜へ移れば結膜炎を起こすこともあります。

クラミジアは尿道、膣、咽頭、結膜など粘膜に感染します。

クラミジアに感染したことがある人は感染したことがない人よりも感染率が高くなりエイズ(HIV)の感染率も3倍ほどにあがります。

感染したことに気づかずパートナーへ移し、移ったパートナーが別のパートナーへ移してしまうことがあります。

もしかすると自身が感染源になっている可能性もあるのです。

妊婦がクラミジアにかかっていた場合、乳児の呼吸器に感染してしまいクラミジア肺炎を起こしてしまうこともあります。

母子感染は乳児へも影響を与えてしまうので十分に注意しなければなりません。

女性

女性の場合、感染に気づかず無症状の割合は約80%です。

・ほとんどが無症状
・おりものの増加(黄色いおりものがでることも有り)
・軽度の腹痛、不正出血

女性はホルモンバランスの関係でクラミジアに感染していなくても上記の症状は日常茶飯事に生じることがあります。

そのためほとんどの人は治るだろうと気にせずに放置することが多いです。

しかし、女性は妊娠や出産を経験することがあるため女性器の変化には十分気をつけなければなりません。

感染したことに気づかず放置し続けると子宮内膜症や子宮頚管炎、骨盤腹膜炎などに悪化し不妊症や妊娠しても流産、早産へと影響する可能性があります。

不妊症患者の多くはクラミジアに陽性の反応を示しているようです。

クラミジアの潜在期間は1週間から3週間ほどですが、性器感染に比べ咽頭へ感染したケースの方が治療期間は2倍と長くなるようです。

医学会の中でもクラミジア感染症で3組に1組が自然妊娠できなくなるかもしれないといった推測もしているようです。

生活の中でセックスをする人は定期的に検査を受けるようにしましょう。

病院へ行きづらいという場合は自身で検査ができるキットがインターネットでも販売しているようです。

男性

男性の場合、クラミジアに気付かず無症状の割合は約60%です。

・尿道に軽度の痒み
・排尿時、射精時に軽度の痛み
・尿道から黄色い膿が出る
・睾丸の痛み

男性は排尿痛や膿などの分泌物があるため女性よりは早期発見ができますが、やはり気付かない場合の方が多いです。

排尿時に少し痛みがあることは病気でなくても起こることがありますがクラミジアに感染している場合はそういった症状がなかなか治りません。

潜在期間は1週間から3週間です。放置し症状がさらに悪化すると排尿ができないほどの尿道炎や精巣上体炎(精巣上体が腫れる病気)を発症し、男性も不妊症になってしまうことがあります。

感染者の多くはクラミジアは自然治療すると勘違いしていますが、基本的に自然治療はできません。

風俗へ行く人やパートナーが多い男性は気付かぬうちに感染しているケースがあるので、心当たりのある人は無症状でも定期的にクラミジアの検査を受けるようにし、性交渉をする場合は必ずコンドームの着用をしましょう。

クラミジアの予防

日本は最もクラミジアの感染患者が多い国です。

クラミジアのほとんどの感染源は避妊器具を使用しない性交渉です。

日本では避妊器具を使用しないことが最も多いのがクラミジアを発症する原因と言えるでしょう。

感染した場合は自然治療はしないので抗菌薬を使用して治療します。

クラミジアを発症した場合は必ず男女共に感染をしているので1人が治療し完治しても同じ人とのセックスでまた再感染してしまいます。

感染経路が分かっている場合はパートナーにも協力してもらい2人で治療しなければなりません。

完治するまでは性交渉はしない方が良いでしょう。

「感染した治療すれば良い」という考え方よりも「治療の前にまず予防」と考え、まずは感染しないための予防を入念に行う必要があります。

ひとりひとりが予防すれば感染は必ず止めることができます。

性交渉をする場合は必ずコンドームなどの避妊器具を使用するようにしましょう。

クラミジアの検査

性器クラミジア感染症の検査方法は男性と女性で異なります。

男性の場合=性器と排尿器官が同じなのでクラミジアは尿道に感染します。そのため尿検査をします。

女性の場合=女性は排尿器官と性器が別のため、子宮へつながる独立した器官に感染します。そのため粘膜部分の分泌液を採取して検査します。

咽頭クラミジア感染症の場合は、喉の奥の粘液部分を綿棒で拭い取って行う「スワブ法」か、生理食塩水を使用してうがいをし吐き出したものから検査する「うがい法」の2つの方法です。

感染者の負担が少ないのは「うがい法」でクラミジア菌も高い確率で採取できるので有効的です。

海外医薬品の通販サイトを利用すれば病院へ行かなくてもクラミジアの検査キットを購入し自身で検査することができます。

病院へ行くと高額な医療費が掛かりますが通販サイトだと1回分が約1000円ほどの値段で販売されています。

今は感染していなくてもこれから可能性がある人は常備用として持っておくのも良い方法でしょう。

まとめ

・クラミジアに感染してもほとんどは無症状で、感染に気付かないことの方が多い
・感染源は一般的に避妊器具を使用しない性交渉
・尿道、膣、目、喉に感染する
・クラミジアを放置すると男性も女性も不妊症になる恐れがある
・妊婦がクラミジアに感染すると乳児へ呼吸感染させてしまうことがある
・検査方法は病院だけでなく海外医薬品の通販サイトでも検査キットを購入することができる

上記がクラミジアについての説明です。

感染症の早期発見、早期治療が大切ですが、治療の前に予防することを心がければ日本のクラミジアの感染患者率は下がります。

避妊器具は避妊の役割だけでなく、性感染症も予防することができるので性交渉をする上での必須アイテムといえるでしょう。