ジスロマックのジェネリックについて解説

title

ジスロマックのジェネリックとは

ジスロマックのジェネリック薬品はいくつかありますが日本国内でも販売されているのがアジスロマイシン錠250mgです。

これは10社以上の製薬会社から販売されています。ジスロマックよりも1錠当たりの単価が100円ほど安く販売されており、成分や効果はジスロマックと変わりません。

病院で処方してもらうとなれば診察料や検査料がかかるため薬代が安くなっても結果的に支払う費用はあまり安くはなりません。

しかし海外製薬会社のジェネリック薬品であればさらに安く購入することができ、自宅から個人輸入することができますので医療費を節約することができます。

ネットショッピングをする感覚で利用でき、日本では未承認のジスロマックのジェネリック薬品を購入することもできます。

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品(後発薬)とは新薬(先発薬)よりも安い値段で購入できる上に効果も新薬と変わらず安心して飲める薬です。

ジェネリック=一般的なという意味で広く使用され、尚且つ安全性、有効性が確立された医薬品を意味します。

なぜ、後発薬が先発薬よりも安く販売できるかというと、新薬の開発は10年以上の月日と数百億円以上の費用が掛かります。

ジェネリック医薬品に使用されている有効成分はすでに安全性と有効性が確認されているため3年程の短い期間で薬を開発することができます。

そのため少ない費用で開発することができるので販売する際の価格も抑えることができます。

ジスロマックのジェネリックの価格比較

ファイザー社で提供しているジスロマックと日本のジェネリック薬(アジスロマイシン)の1錠あたりの価格を比べてみます。

ファイザー社:246.2円
高田製薬:107.7円
沢井製薬:126.6円
東和製薬:118.7円

ジェネリック薬の方が半分以下の値段で購入することができますし、ジスロマックと同じ効果なので医療費を節約したい人にはジェネリックがオススメです。

日本の病院でもアジスロマイシンは使用されているのでジェネリック薬を希望すれば処方してもらえます。

また海外医薬品でもジスロマックのジェネリック薬は開発されており海外では多く使用されていても日本ではまだ未承認の薬も多くあります。

ジェネリック薬が気になる人はアジスロマイシン以外のジェネリック薬を調べてみると良い薬が見つかるかもしれません。

海外のジェネリックならアジーがオススメ

ジスロマックのジェネリック薬でオススメは「アジー(AZEE)」です。

開発したのはインドにあるシプラ社という製薬会社でインド国内では有名で発展途上国へ向けてエイズの治療薬を提供したりしています。

日本ではまだ未承認のため購入できませんが海外ではクラミジアや淋病などの性感染症に多く使用されているので安心して服用することができます。

アジーはジスロマックや他のジェネリック薬よりも副作用が少なく、1回の服用で1週間ほど効果が続くので薬の飲み忘れもありません。

海外医薬品の通販サイトを利用して購入しますが悪質なサイトには十分気をつけて購入してください。

まとめ

・新薬よりもジェネリック薬の方が半分ほどの値段で安く購入することができる
・日本国内で販売されているジェネリック薬はアジスロマイシン錠
・安全性や有効性は新薬と変わらない
・病院でジェネリック薬を希望すれば処方してもらえる
・海外医薬品の通販サイトだと日本ではまだ未承認のジェネリック薬も購入することができる
・海外ジェネリック薬だとアジーがオススメ

上記がジスロマックとジェネリックの違いです。

薬代にお金をあまりかけたくない!継続して同じ薬を飲んでいるといった人は効果が同じで安く購入できるジェネリック薬の方がオススメです。